池上・西馬込の整体は「こばやし整体院」

梨状筋症候群

あらゆる手を尽くしても
梨状筋症候群
良くならなかったあなたへ

腰が痛い

 

このようなお悩み
\ございませんか?/

 

  • 病院で梨状筋症候群と診断され、何かしらの治療に通っているが痛みが取れない
  • 痛くて休職せざるを得なくて困っている
  • 病院ではブロック注射や鎮痛剤で痛みをごまかすことしかしてくれない
  • 整骨院やマッサージ、整体、カイロ、あらゆるものに行ったが痛みが取れない
  • 病院では、「あまり痛いようなら手術しかない」と言われていて、手術以外に治る方法はないかを探している
  • 梨状筋症候群を改善できる施術なら受けたい
  • 臀部に痛みや神経痛がある
  • 臀部~太ももに痛みや神経痛がある
  • 臀部~太もも~ふくらはぎに痛みや神経痛がある
  • 臀部~太もも~ふくらはぎ~足裏、すねに痛みや神経痛がある
  • 下半身の症状や肛門、陰部にもしびれなどの症状がある
  • 長時間のデスクワークで坐骨や臀部~足が痛くなる
  • 車の運転をすると臀部~足に痛みがでる
  • ジョギングをすると臀部~足に痛みがでる
  • 草むしりをすると臀部~足に痛みがでる
  • ゴルフをすると臀部~足に痛みがでる
  • 中腰や腰をかがめると臀部~足に痛みがでる
  • 朝起きると臀部~足に痛みがでる
  • 股関節が痛い
  • 膝周辺が痛い

 

 

望みはあります
一度、当院に
\ご相談ください!/

 

「今後の老後を迎える身としてはなにより心強い」

お客様

50代後半頃から、膝周辺に痛みが出るようになってしまい、銭湯やサウナなどで温めると軽くなるような気がして、しょっちゅう通っていました。
数年間そういう状態でしたが、同じ側のお尻にも痛みとしびれが出てきたので、怖くなって病院にいきました。検査の結果、梨状筋症候群のようだということで、処方箋や湿布、電気や低周波をかけたりマッサージを受けたりしていました。数年間通っていましたが、良くなったり悪くなったりを繰り返していました。
ある時、草むしりをしたらもう痛みとしびれが我慢できなくなりました。
病院に行っても全然治してもらえないと思い、インターネットで治療院を調べたら、一番上にこばやし整体院が出てきました。ホームページはとても詳しく書かれていました。そして、なぜ良くならないのかに衝撃を受け、すぐに電話予約をしました。
こちらを選んで、大正解。
今までの治療とは全く異なり、「到底筋肉をほぐす内容」とは思えない治療ですが、不思議と症状が変わってしまいました。
7~8回の通院で痛みとしびれはおさまり、あとは一番悪さをしている腰の筋肉がほぐれれば再発しにくくなるとのことで、通っています。
先生は、とても優しいです。ちょっとした質問にも的確に答えて下さいます。そして治療も「今までのほぐし方」と違って不思議ですが、質問への答えも今まで聞いてきた常識とは違う回答が返ってくることが多いです。
症状が良くなったことももちろん嬉しいですが、頼れる先生に出会えたことが、今後の老後を迎える身としてはなにより心強いことです。
これからも、宜しくお願いします。
(H.Y 女性 60代)

※効果には個人差があります

 

 

多数のプロ治療家
当院を推薦しています

 

よくなる整体院 院長 中村 守よくなる整体院 
院長 中村 守

回復して頂けるように願うだけではなく、その勉強熱心な姿、施術に対する情熱、思いやり、優しさ、謙虚な姿勢を常に持っている先生です。
私の施術家人生24年でも、自信を持って推薦させて頂ける数少ない先生の御一人です。
正しく、小林淳哉先生は、“本物”です。

氷見先生からだ回復センター さくら堂
院長 氷見 康

小林先生の整体院は、本当に動けない様な方や長年患っていらっしゃる方はもちろんですが、特筆すべきは「元気な方」が非常に沢山“通われている”所にあると思います。
痛みに苦しむ方はもちろんですが、元気な方も通う不思議な整体院。
そして、どんな状態の方であろうとも、常に全力投球!私達仲間にも「凄い」と言わせる先生なのです。

 

  

梨状筋症候群が他で良くならない理由

024-2

テレビ、雑誌、整体、カイロ、整骨院、数多くの整形外科医が発する、梨状筋症候群の原因が全世界共通の西洋医学教科書にある本当の痛みの原因と一致していないことが多いのが現状です。

違う原因をもとに治療を組み立てて、果たして改善できるでしょうか?

 

本当の梨状筋症候群の原因とは?

医学部の教科書「標準生理学」に、痛みの説明があります。

  • 深部痛(慢性化した痛みのことです)

「筋肉が収縮することで痛みが起こる。」「筋肉の血液の流れを止めると痛みが起こる。」

  • 軸索反射

「血液の流れが改善されると、「こり」「しびれ」「痛み」が解消する。」

 

世界共通で医学を志す者が習う教科書に、「痛みの原因は、筋肉の収縮や血行不良」とあります。

本当の梨状筋症候群の原因をもとに、よくあるセルフケアから始まり、マッサージ、整体、カイロ、整骨院、整形外科の治療を受けても良くならなかった理由を解明していきましょう。

 

電気治療などの一般的整骨院・病院の治療

電気によって、血行が一時的によくなる可能性もあるので、一時的に痛みが楽になるかもしれませんが、筋弛緩はできないため、すぐに血行不良が起きて症状は再発するでしょう。

 

湿布・痛み止めの薬・注射

痛みを感じなくしているので、効能が切れればまた痛みが出ます。怖いのは、痛みを感じない状態で動くことで筋繊維が傷ついたり断裂することで、さらに筋繊維が硬くなることです。そうなるとどんどん治る時間を確実に伸ばしてしまいます。

 

リラクゼーションマッサージや整体の揉みほぐし

マッサージ

筋繊維を壊さずにほぐすことは、結構難しく、よほどうまい人でなければ無理です。リラクゼーションマッサージや整体の揉みほぐしは、基本刺激を楽しみますが、楽しむほどの筋肉の刺激をはじめ痛いほどの刺激は、結構筋繊維を破壊している可能性があり、長い年月受け続けると、より強い刺激でなければ気持ちいいと感じられなくなります。それは、『筋繊維が壊れる⇒修復』を繰り返すことで起きます。

血行不良は、刺激の間はよくなるので、一時的に症状が改善したように感じることはあると思いますが、刺激=ポンプ作用が無くなれば、血行不良状態に戻り、痛みが再発します。

ここで、野生動物を想像してください。犬や猫でもいいです。筋肉は人間と比べて異常にやわらかいですよね?というより人間が異常に硬いのです。だから、野生動物は「なでる」と気持ちよさそうにしますが、少しでも押したり揉んだりすると逃げてしまいます。本能的に嫌な刺激と感じるわけですね。筋繊維が壊されることを知っているからでしょう。刺激を喜ぶのは人間だけです。物足りないほどの優しい刺激でも明らかに症状が変化する施術は、確実に筋肉がやわらかくできているということです。

 

矯正

矯正と聞いて頭に浮かぶものは何ですか?最近流行の骨盤矯正でしょうか。

筋肉は骨と骨とを橋渡ししています。ですから筋収縮により骨と骨は近づきます。これが骨格のズレ=歪みです。骨盤に起これば、それを矯正するのが骨盤矯正ですが、筋収縮を解消せずに骨盤矯正をしても、家に帰る頃には戻っているでしょう。

筋繊維を傷つけず筋収縮を解消できなければ、矯正は一生受け続けなければなりません。

 

外科的手術

様々なその他の治療やブロック注射で改善が見られない場合に、外科的手術になることがあります。坐骨神経を圧迫している梨状筋を切り開くという内容がよくある外科的手術の一つです。

しかし、教科書にある本当の原因は筋収縮や血行不良です。梨状筋がやわらかくなることが症状改善に必要ですので、手術で梨状筋の一部を切り開いても、梨状筋が弛緩されなければ痛みはなくならないあるいは再発する可能性があります。

 

ストレッチ

ストレッチも、筋収縮状態によって、どの程度やっていいものかは人それぞれ違います。ストレッチで伸ばしている筋肉が痛気持ちいい状態でも筋繊維が傷ついていることもあります。

正常状態の筋肉を普通の輪ゴムとすると、筋収縮が起きた筋肉は直射日光で劣化した輪ゴムのような感じです。劣化した輪ゴムはちょっと伸ばそうとしても切れてしまいます。それと同じような現象が筋肉で起こります。筋繊維が切れるとカルシウムが筋肉内に蓄積します。繰り返されることで石灰化など起きてきて、改善に相当な時間がかかります。良かれと思って毎日がんばっているストレッチが、治りにくい状態にしている方はとても多いです。

私は家族にストレッチはしないようにさせています。

 

運動や筋力トレーニング

運動

臀部回りの筋肉を鍛えると腰痛が無くなると聞いたことがあるかもしれません。もしかしたらお医者様に「筋肉をつけなさい」と言われたかもしれませんね。

オリンピック選手でも梨状筋症候群のような症状に悩まされる選手はたくさんいます。では、オリンピック選手ぐらいの筋肉ではまだ筋肉量が足りないということになります。「筋肉をつけなさい」というのは、オリンピック選手以上に必要ということになります。

そもそも、筋収縮している筋肉をトレーニングしたら、筋繊維はどんどん断裂します。そしてどんどん硬くなります。お医者様に言われたからと、痛み止めを飲んで筋トレや運動をしている人も実際にいらっしゃいますが、治るどころか壊しているので、運動や筋トレは即やめましょう。

 

ウォーキング

健康のために歩く。体力を落とさないように歩く。筋力が落ちないように歩く。と皆さん、よく歩こうとするまたはよく歩いていらっしゃいます。痛みがある人ほど、健康になりたいがために、歩くようになる方がとても多いです。

しかし、≪運動や筋力トレーニング≫と重複しますが、筋肉に老廃物や乳酸などが溜まって筋肉が硬くなり痛みが出ているのに、さらに歩くことでもっと硬くなるので、悪化するケースが大変多いのが現状です。痛いときには安静にする、または効率よく筋肉をやわらかくできる方法を施すことが、もっとも早く回復する方法です。

ウォーキングは最も簡単に出来て健康になれそうなイメージがありますが、痛みがない状態の時に、正しい歩き方で歩かなければ全くの逆効果になってしまう危険性があるので注意が必要です。ウォーキングをしている人が目に入りますが、残念ながら健康に歩けている方を見たことがありません。腰を痛め、O脚をより広げるための筋肉を鍛えてしまう歩き方になっていることがほとんどで、歩けば歩くほど不健康になってしまいます。

 

減量

梨状筋症候群の場合、体重が重いほど座っているときに臀部の筋肉に負荷がかかり痛みが出ているという概念から、減量するように指導される場合も多いです。一見、もっともなように聞こえますが、教科書にある本当の原因は筋収縮や血行不良です。梨状筋がやわらかくなることが症状改善に必要であり、梨状筋がやわらかければ、体重は関係ありません。もし体重が原因ならある一定の体重以上の人は皆、梨状筋症候群でなければおかしいです。違いは梨状筋の硬さが違うからです。

体重は直接原因にはならず、体重を減らしても筋肉が弛緩されなければ、いくら減量しても痛みは消えません。

 

≪私自身が患者でした≫

院長写真すし職人を目指し働いていたころ、1年半休まず必死に働いていたある朝、腰から下がマヒして全く動けなくなりました。病院での診断は腰椎椎間板ヘルニアでした。

その後は痛みとの戦いで、鎮痛剤・注射・座薬や様々な治療を試しましたが、痛みはとれませんでした。

他の病院で診察を受けると臼蓋形成不全と腰椎椎間板症と診断されましたが、痛みが取れることはありませんでした。

最初の診断はなんだったのか、自分で医学書を読み込んでいくうちに病院に不信感が募り、自ら整体の道に飛び込みました。

結果、今では人並みに動くことができます。

私と出会った人には、自分のような辛さを年齢に関係なく味わって欲しくなく、また治るための遠回りもして欲しくありません。

本当の正しい情報を配信し、改善した人のご家族やご友人にまでその正しい情報が広がり、関わる人のその先にいる人々にも「健康」の波紋を届けることが、私の使命です。

 

 

梨状筋症候群の原因

9e166878728e0def6aa4335879c4e8d0_s

ここでは、症状が起きる原因を詳しく書きます。

梨状筋症候群と診断された多くの症状の原因は、最初に記しました、医学部の教科書「標準生理学」にある通り、「筋肉の収縮や血行不良」ですので、症状が出ている筋肉もしくは関連筋の収縮や血行不良が本当の原因です。

 

筋収縮と血行不良による痛みの簡単なメカニズム

筋肉が収縮すると、筋肉内の血管が圧迫され、血行不良が起こります。血行不良になると酸素が足りなくなります。酸素が足りなくなると、血管の周りには血管を広げ、血液循環を戻し酸素を確保しようとするための物質が集まります。

痛みの電気信号を脳に伝達させる神経がその物質を感知し、痛みの電気信号を脳に送ります。脳は、その電気信号により痛みを感じ取ります。

 

それでは、筋肉の収縮と血行不良はどうして起こるのでしょう?

 

1.筋肉を動かして収縮する

2.筋肉を動かさないことで収縮する

3.骨格の歪みによって収縮する

4.神経圧迫による伝達機能が低下してさらに収縮する

 

具体的に見ていきましょう。

 

  1. 筋肉を動かして収縮する

筋肉痛の状態です。筋力以上の運動量により、血流が不足して筋肉内への運搬される酸素が不足します。すると、老廃物や乳酸など筋肉を収縮させてしまう物質が排出されずに筋収縮が起こりさらに血管を圧迫し血行不良が起こり、痛みを感じるようになります。

 

  1. 筋肉を動かさないことで収縮する

筋肉を動かさない状態が続くと、筋肉内にカルシウムが溜まり、筋収縮が起こります。カルシウムは長期的に筋肉に溜まり、筋肉を長期的に固くし続けます。固くなった筋肉の周りの筋肉は、固くなった筋肉を補うためにもっと遠い筋肉に比べ、より過剰な運動量になりたくさんの老廃物や乳酸が発生・蓄積し収縮します。そうやって緊張した筋肉が周りの筋肉を緊張させることになり、連鎖的に広がっていきます。

 

  1. 骨格の歪みによって収縮する

≪矯正≫でも記しましたが、筋肉は骨と骨を橋渡ししていますので、収縮すれば骨と骨を引っ張ります。それぞれの骨にはまた別の筋肉も付着していますので、それ以上歪まないように収縮して踏ん張ります。これが歪みによる収縮です。

 

  1. 神経圧迫による伝達機能が低下してさらに収縮する

正常な状態であれば、運動している筋肉の情報は神経を通して脳に伝わり、脳の指令で運動している筋肉の血流が上がります。筋収縮により神経が圧迫されると、神経の伝達機能が低下します。そうすると運動していて血液が足りなくなっても、筋肉が運動している情報が脳にうまく伝わらないため血流量は変わらず、血流不足のまま老廃物や乳酸などが蓄積し収縮してしまいます。

 

これらにより、筋肉は収縮し筋肉内の血管が圧迫されて血行不良が起こります。

 

梨状筋症候群が発生するメカニズム

ヘルニア

・まず、腰椎の真横の筋肉(脊柱起立筋)が収縮し硬くなります。

・その状態で、体を動かすと「1.筋肉を動かして収縮する」によりさらに硬くなります。

・次に、「3.骨格の歪みによって収縮する」により、股関節内側から骨盤内を橋渡しする「腸骨筋」と股関節内側から腰椎を橋渡しする「大腰筋」が収縮し硬くなります。

・その状態で、デスクワークや同じ姿勢であまり動きのない状態が続くと、脊柱起立筋が「2.筋肉を動かさないことで収縮する」により、ますます硬くなり、腰方形筋なども硬くなり、脇腹まで硬くなっていきます。

・さらに腸腰筋もどんどん硬くなります。腸腰筋=「腸骨筋」+「大腰筋」の名称です。

・そうすると、腰を中心にして、体の前側も後ろ側も硬くなるのと同時に、「3.骨格の歪みによって収縮する」により、下半身は臀部~太もも~膝~ふくらはぎ、上半身は肋間筋~僧帽筋~首周りの細かい筋肉群がどんどん硬くなり、さらに硬くなった筋肉の中にある神経が圧迫され、「4.神経圧迫による伝達機能低下によりさらに収縮する」により、どんどん硬くなります。下半身は、足の内側や外側、前面も硬くなりますし、上半身は前面も側面も硬くなります。

このように、連鎖的にどんどん筋肉は硬くなり、血行不良になると、痛みが発生します。

臀部周辺の筋肉が硬くなり血行不良になると、発生する痛みの一つとして梨状筋症候群があります。

痛いときにしか病院には行きませんので、レントゲンを撮るときは痛い時だけです。臀部や太ももが痛いときには腰部、あるいは股関節のレントゲンになります。前述のように梨状筋症候群の場合、根本は腰の筋肉が硬化しているためです。腰骨と腰骨を橋渡ししている筋肉や、股関節がはまっている骨盤部分と股関節上端の骨を橋渡ししている筋肉は、収縮し硬くなっていますので、椎間板が薄く映ったり、股関節は狭くなり股関節の軟骨があたかもすり減っているように映ります。そのため、椎間板ヘルニアや股関節変形と間違われる場合もあります。また、レントゲンなどには特に異常はないが症状がある場合、梨状筋症候群と診断される場合もあります。

ちなみに梨状筋症候群が出るまでの間にも、さまざまな所に痛みを感じていたと思います。その時に、前述しました鎮痛剤やブロック注射などを使った場合は、筋肉の損傷と硬化度は高まり、より改善に時間がかかる状態になっています。

 

 

当院での改善法

施術

≪梨状筋症候群が発生するメカニズム≫に記したように、腸腰筋や腰回りの筋肉群など、体の中心であり体積が最も大きい筋肉群を柔らかくすることが、カギとなります。

腸腰筋は上半身と下半身をつないでいる唯一の筋肉で、骨盤の内側とほとんどの腰椎にお腹側からわしづかみしている筋肉なので、それが収縮して硬くなると身体全体のバランスが悪くなるのと同時に、腰周辺から全身の筋肉も収縮して硬くなっていきます。

そこから解放するためには、腸腰筋をやわらかくする必要があります。固くなって動かすことができなかった腸腰筋は、一生固いまま使うことができない筋肉になってしまっていますが、私が触った瞬間からしっかり使えるようになるでしょう。腸腰筋は足を持ち上げるときなどに使われる筋肉ですが、触った瞬間からその場で足が軽々とあげられるようになるのを体感して頂けると思います。

また、背骨や頸椎が歪むことで、髄液循環が悪くなり、本来ある治癒力が発揮できない状態が多いので、背骨や頸椎の歪みを解消します。髄液循環が改善され、本来ある治癒力が発揮できると、眠っている間にどんどん改善に向かわせてくれるので改善スピードがアップします。と同時に、矯正時に腰方形筋や脊柱起立筋、膝裏や下腿三頭筋、肋間筋や僧帽筋、首周りの細かい筋肉群も、筋繊維を壊さずにやわらかくなっていきますので、矯正前後のそれらの筋肉の触診時の痛みがその場で和らぐのを実感して頂けるでしょう。

あとは、一人一人の生活習慣などの状況に合わせたアドバイスをさせて頂きます。

二人三脚で改善していきましょう!

 

 

他院とはどこが違う?

こばやし整体院が選ばれる
\ 7つの理由 /

 

1.日本最大級の口コミサイト「エキテン」で高い評価を受けています

口コミサイトNO1

460万社が登録する日本最大級の口コミサイト「エキテン」にて、「西馬込×整体」で最高の評価をいただいています。

 

 

2.疑問や不安を解消できる安心カウンセリング

安心のカウンセリング初回カウンセリング時に、症状に関することを詳しくおうかがいします。質問はもちろん、気になる点は何でもお聞かせください。よくわからないままいきなり施術することはありません。

 

 

3.15年の経歴を持つ院長が自ら施術するので安心です

院長が施術15年間、多くの人たちの悩みを改善してきた経験を持つ院長が、自ら施術いたします。
行くたびに担当者が変わる、施術技術にムラがある、などの心配とは無縁です。

 

 

4.数十種類の整体技術をあなたに合わせてオーダーメイド施術

オーダーメイド施術あらゆる症状に対応するため、多岐に渡る技術を習得しています。15年の経験から、今のお体の状態に一番適した施術を導き出し施術するので、効果のほどが違うのです。

 

 

5.原因に直接アプローチし根本改善&再発予防

根本改善当院の施術は、症状の大本の原因である体のゆがみや硬くなった筋肉へダイレクトにアプローチするもの。そのため痛みやつらさが根本改善され、再発しにくいお体に導けるのです。

 

 

6.万全のアフターフォローで痛みのない時間を長続きさせます

アフターケア施術後にはセルフケアの方法や、ご自宅で簡単に行えるストレッチ、筋トレなどをアドバイスいたします。続けていただくことで、痛みと無縁の状態がより長期的に維持できます。

 

 

7.他では改善できなかった重症の方こそご来院ください!

ご来院ください当院の院長も、元は重い症状に苦しんでいた経験があります。良くするために自ら整体を学んだいきさつがあるので、気持ちを理解して改善へと導くことが可能なのです。

 

 

コース・料金

\ ホームページ限定 /
全額返金保証制度

当院の施術でご満足いたただけなかった場合、全額返金します。
※初回会計時のみ適応

 

整体コース

整体

腰痛、肩こり、頭痛などの痛み・しびれを根本改善し、再発しないお身体へと導いていきます。骨盤や身体の歪みを整えます。

1回  5,000円(+初見料  5,000円)
HP初回限定 5,000円(※カウンセリング/検査込)

 

 

整体コース(重傷者向け)

改善法

重い症状や、難治性の方に向けたコースです。どこにいっても良くならない方はぜひ一度お試しください。

1回  7,000円(+初見料  5,000円)
HP初回限定 5,000円(※カウンセリング/検査込)

 

tel:09048292664メール受付

  

 

お喜びの声続々!
この笑顔信頼の証です

 

「本当にびっくりして、感動しました」

アンケート

ヨガ講師をしています。3か月前から右太ももに少し痛みを感じはじめ、2か月後にはヨガができない程、右足全体に痛みが走るようになってしまいました。
病院にいき、レントゲン・MRIや検査の結果、梨状筋症候群じゃないかとの診断でした。
正直ヨガ講師として恥ずかしいばかりでしたが、一日も早く治さなければ!と思い、インターネットで治してくれそうなところを探しました。ホームページでの情報がどこよりも詳しく具体的で、知識量が圧倒的だったので、ここしかない!と思い、こばやし整体院に迷わず決めました。
今まで揉みほぐしは受けていましたが、こちらでの筋肉のほぐし方や考え方は今まで経験したことがありませんでした。
開始5分後、1ヵ月間痛くて全くできなかったポーズも「あれ?あれ?痛くない!」と簡単にできてしまい、本当にびっくりして、感動しました!
先生の技術や考え方、身体にとって良い事・悪い事など、一般常識ではない知識は、講師として沢山の方々に広めてほしいとさえ思います。通う度に治療以外でも先生の知識を吸収したくて色々な質問をして勉強させて頂いています。本当にすごい先生です。(30代 ヨガ講師)

※効果には個人差があります

 

 

池上・西馬込の整体は「こばやし整体院」 PAGETOP